ページトップへ

  1. 医学部予備校の評判・選び方 HOME
  2. 医学部専門予備校の基礎知識
  3. 再受験時の予備校選び

再受験時の予備校選び

大学を卒業、または在学中に他の大学を受け直すことを「再受験」といいます。医学部は、他の学部に比べて圧倒的に再受験生が多い学部です。

再受験生は勉強に割ける時間が短く、また受験勉強から遠ざかっていた期間が長いため、現役生よりもさらに医学部合格の難易度は高くなります。 また再受験生には、年齢や予算などの問題も重くのしかかってきます。

短期間で医学部合格を勝ち取るためには、自分にとって「最も効率よく勉強できる環境」を見つけることが重要です。 自分のペースで集中して勉強できるよう、フォロー体制がしっかりした医学部予備校に身をおいて勉強することをおすすめします。

再受験時の予備校選び

再受験生は予備校の費用を自分で負担する人も多く、授業料は予備校選びの大きなポイントとなります。 また、最新の予備校事情が分からず、有名な大手予備校を選ぶ人もいるかと思います。

しかし、いくら料金が安かったり大手の予備校であっても、「設備が不十分」「授業スタイルが自分に合わない」などの環境では意味がありません。 年齢や予算などの不安を抱えている再受験生だからこそ、短期間で医学部に合格できるよう、慎重に予備校を選ぶ必要があります。

費用や規模感だけを重視せず、様々な視点から予備校を比較・検討することが大切です。

しっかりサポートしてくれる予備校を選ぶ

再受験の場合、基礎から学び直す必要があるため、少人数制でしっかりサポートしてくれる予備校がおすすめです。

医学部予備校では講師が生徒の「癖」や「苦手」を把握してくれるところが多く、自分では気づけない弱点や、 自分に合った勉強法を見つけることができます。

また、医学部予備校は私立大学医学部に特化している学校が多いので、私立を目指す場合には、 その学校の特徴に合わせた「学校別対策」を行っている予備校を選びましょう。