ページトップへ

  1. 医学部予備校の評判・選び方 HOME
  2. 医学部のある大学一覧
  3. 岩手医科大学
医学部のある大学を探す

医学部のある大学を探す

岩手医科大学の公式サイト

岩手医科大学

公式サイトURL:
http://www.iwate-med.ac.jp/

岩手医科大学の合格実績がある医学部予備校

入試情報

学科:定員 医学部医学科:123
合格最低点
(ボーダー)
非公開
面接 面接形式: 個人
面接所要時間: 約15分
面接官人数: 2名
受験生人数: 1名
小論文 試験時間: 50分
文字数: 600字以内
入学者の内訳 男女別内訳: 男子77名 / 女子46名
現浪別内訳: 現役生19名 / 浪人・再受験生104名

教科別入試傾向

岩手医科大学の数学 試験時間は60分、大問が3題出題される。全問穴埋め形式で、難易度はさほど高くない。確率と微積分の問題が毎年1問ずつ出題されている。

問題自体は難しくないが、問題数が多いので計算スピードと正確性が重要となる。あらかじめスピーディーに問題を解く練習をしておくこと。特に微積分の問題はしっかり対策しておきたい。
岩手医科大学の英語 基本的な問題が多く難易度は高くないが、読解の空所補充は効率よく解けるように過去問で慣れておくことが大切。

出題の構成はここ数年同じなので、どれだけ問題に慣れているかがカギとなる。可能な限り過去問を使って演習を行っておくといいだろう。
岩手医科大学の化学 試験時間は2科目で90分だが、理論分野の計算問題が多く、時間配分が重要となる。難易度は標準程度なので、問題演習を通して時間内に解く練習をしておくこと。

選択問題もあるが、語句を記述する問題が多い。数値計算が必要となるので、計算力を身に付けておきたい。
岩手医科大学の生物 試験時間は短いが、問題は易しいため、ケアレスミスをしないことが大切。あせらず落ち着いて、各日に解いていこう。まずは一通り解答を記入し、しっかり見直しを行うといいだろう。余裕をもって試験に臨めるように、バランスよく知識を身に付けておくこと。
岩手医科大学の物理 力学・電磁気で各1題、熱・気体または原子からもう1題というのが平均的な出題。レベルは基本的な問題程度なので、ミスをしないように注意すること。合格には満点近い得点が必要となる。原子分野や、回路の分野もしっかり対策をしておこう。

大学基本情報

大学名 岩手医科大学
住所 〒020-8505
岩手県盛岡市内丸19-1
私立・国立・公立 私立
大学院 医学研究科(博士課程):50
医学研究科(修士課程):10
地図
本サイトで提供している事業者情報は、各事業者のWEBサイトを参考としております。
最新の情報を掲載するよう細心の注意を払っておりますが、
誤りや古い情報、事業者のWEBサイト更新による情報のくい違いが含まれている場合もございます。
情報に関しましては、各企業のWebサイト等にてご確認下さい。