ページトップへ

  1. 医学部予備校の評判・選び方 HOME
  2. 医学部のある大学一覧
  3. 東海大学
医学部のある大学を探す

医学部のある大学を探す

東海大学の公式サイト

東海大学

公式サイトURL:
http://www.med.u-tokai.ac.jp/

東海大学の合格実績がある医学部予備校

入試情報

学科:定員 医学部医学科:95
合格最低点
(ボーダー)
一般: 得点率73%
面接 面接形式: 個人
面接所要時間: 約10分
面接官人数: 2名
受験生人数: 1名
小論文 試験時間: 30分
文字数: 500字以内
入学者の内訳 男女別内訳: 男子64名 / 女子38名
現浪別内訳: 現役生38名 / 浪人・再受験生65名

教科別入試傾向

東海大学の数学 東海の数学は、大問3題で70分。小問集合の1題と、大問2題で構成される。

入試でよく出されるのは、微積分。だが、偏るというよりは、ほかの分野についてもまんべんなく出題される。
過去問題をみると、比較的数列の出題も多い。他大学に比べて、数・確率が若干多く、問題の難易度は基礎~標準程度。受験日の2日間で難易度に差があることも多い。

対策方法としては、典型問題を早く解く力をつけること。ここ数年で若干軟化はしているが、高得点が取りにくい問題も含まれるので注意したい。

前半は完答を求められる平易な問題だが、後半はレベルが上がる。表面的な学習をしてきた受験生には難しく、実力が必要になる。ボーダーとしては70%は確保しなくてはならない。
東海大学の英語 試験時間は70分、英文和訳と和文英訳が筆記式、それ以外の分野はマークシート形式となる。

設問数は2009年度から8問で、出題傾向もそれ以降ほぼ固定されている。試験時間70分に対して問題数が多いので、スピードと正確性の両方が必要。

対策法としては、読解問題は単語・熟語を体得した上で過去問演習を繰り返し、毎日の音読などを習慣にして、身体に覚えさせると良い。分法・語法の知識も徹底してマスターし、会話表現の基本も押さえておく必要がある。

また、図表系読解問題もあるので、センターの過去問も通じて慣れておくことも大切。筆記式の和訳・英訳は、とにかく演習と添削の繰り返しが大事になってくる。英訳の為に、例文を300以上暗記しておくと良い。合格最低点は75%が目安。
東海大学の化学 試験時間は、理科で1科目を選択し70分。解答は記述形式とマークシート形式が混在する。理科は1科目のみ選択するため、合格には高得点が必要となる。

まずは過去問や標準的な問題集で基礎力を養うことが大事。そのうえで、応用力を付けておくこと。

倫理分野と有機の出題が多いが、全体的に広範囲の問題が出題される。演習をやりこむことで、考え方の幅を広げておきたい。繰り返しの反復学習が大切になる。
東海大学の生物 大問5題からなる、記述式問題が出題される。オリジナルのデータに基づく出題で、初見の問題が多くなるので、その点からみると難易度が高い。

実験文を読まないと解答できない問題だが、丁寧に読み込もうとすると時間不足に陥る。単純に知識を問う問題も出題されるが、内容を理解し推理させる考察力や、文章構成、表現力も試されるような設問が多い。論述の文字数は30~40字程度。必要な内容を的確に表現するこを要求される。

攻略法は、図説などで実験計画法、結果の解釈の仕方を考える練習をすると良い。初見の問題がくることを想定し、時間配分も考えて解く癖もつけておくこと。
東海大学の物理 答えのみを書く記述式と、マーク式が混在する形式。私立医学部受験では珍しい、理科1科目なので、ほか科目との時間配分を気にする必要がない。

原子問題は出題されておらず、原子以外の分野から各1題出題される。2015年度は大問が3問に減ったが、設問数や難易度はほぼ変わらないため、やや易しくなったといえる。ただ、その分高得点が求められる。最後の1、2問が難しいため、大問4つのうち2つは完答しておく必要がある。

大問1は必ず力学からの出題となっている。力学では、運動量(衝突)に関するものは特に要注意。より深い知識や理解を要求するものもあるので、しっかりとした理解と計算力が必要となる。

大学基本情報

大学名 東海大学
住所 〒259-1193
神奈川県伊勢原市下糟屋143
私立・国立・公立 私立
大学院 医学研究科(博士課程):35
医学研究科(修士課程):10
地図
本サイトで提供している事業者情報は、各事業者のWEBサイトを参考としております。
最新の情報を掲載するよう細心の注意を払っておりますが、
誤りや古い情報、事業者のWEBサイト更新による情報のくい違いが含まれている場合もございます。
情報に関しましては、各企業のWebサイト等にてご確認下さい。

東海大学の解答速報を出している医学部予備校

医学部受験予備校 ウインダム

ウインダムは合格へ導いた多くの経験を活かし、医学部受験に特化したカリキュラムで医学部入試への意識を高めます。データに基づき、その時々の合格への可能性や… 続きを読む

進学塾ビッグバン(大阪茨木校)

進学塾ビッグバンの医歯薬ロジスティックスコース(高卒生)では、9:00~22:00まで強制学習時間を課しています。また、大手予備校の名だたる講師によるきめ細や… 続きを読む

医学部受験専門予備校 YMS

医学部受験、医学部入試に精通した専門スタッフによる医学部合格のための完全指導。YMS講師による、医学部受験のための学習計画はもちろん、その到達度のチェック… 続きを読む