ページトップへ

  1. 医学部予備校の評判・選び方 HOME
  2. 医学部のある大学一覧
  3. 愛知医科大学
医学部のある大学を探す

医学部のある大学を探す

愛知医科大学の公式サイト

愛知医科大学

公式サイトURL:
http://www.aichi-med-u.ac.jp/

愛知医科大学の合格実績がある医学部予備校

入試情報

学科:定員 医学部医学科:113
合格最低点
(ボーダー)
一般: 307/500点
面接 面接形式: 個人
面接所要時間: 約30分
面接官人数: 3名
受験生人数: 1名
小論文 試験時間: 60分
文字数: 600字以内
入学者の内訳 男女別内訳: 男子57名 / 女子51名
現浪別内訳: 現役生40名 / 浪人・再受験生68名

教科別入試傾向

愛知医科大学の数学 試験時間は2016年度より80分に変更される。計算量はさほど多くはないが、全問記述式で、問題の難易度もやや高い。記述式だからこそ、計算ミスがあっても部分点をもらえることがあるため、論理の流れはしっかり書いておいたほうがいいだろう。また、頻出する確立や数Ⅲの積分などは、しっかり対策をしておきたい。

問題に慣れておくためにも、やや難しいレベルの問題演習を行っておくことが重要。
愛知医科大学の英語 読解問題、文法・語法問題が平均的に出題される傾向にある。読解問題では各問題の文章は長くはないが、問題数が3題~4題と多めであり、比較的高い読解力が求められる。

文法・語法問題では、単語や熟語の知識が問われることもあるため、語彙を充実させておくことが大切。基本的な文法知識の習得に加えて、単語や熟語も出来るだけ頭に入れておくこと。
愛知医科大学の化学 大きなひとつのテーマに対しての総合的な問題となる。無機物質・有機化合物は基本的な問題がメインなので、教科書に載っている基礎をよく理解しておくこと。

理論や天然高分子からの出題が多く、応用的な問題もあるので、問題演習を繰り返し行っておくといいだろう。
愛知医科大学の生物 グラフや表など、実験データの読み取りが多く出題される。高校の生物では習わないような物質名が出ることも多いので、あせらず問題文を読み込んで糸口を見つけること。

特に遺伝子や内部環境、生物体の機能と反応の分野においては、実験方法を確認しておくことが大切。
愛知医科大学の物理 力学・波動・電磁気の分野から各1題出題される。難易度はさほど高くないが、大問の中の1題は癖の強い問題が出題されるため、過去問題でしっかり慣れておきたい。

問題数が多いため、時間配分には気を付けること。問題を短時間でしっかり解く力を身に付けておくこと。

大学基本情報

大学名 愛知医科大学
住所 〒480-1103
愛知県長久手市岩作雁又1-1
私立・国立・公立 私立
大学院 医学研究科(博士課程):30
地図
本サイトで提供している事業者情報は、各事業者のWEBサイトを参考としております。
最新の情報を掲載するよう細心の注意を払っておりますが、
誤りや古い情報、事業者のWEBサイト更新による情報のくい違いが含まれている場合もございます。
情報に関しましては、各企業のWebサイト等にてご確認下さい。