ページトップへ

  1. 医学部予備校の評判・選び方 HOME
  2. 医学部のある大学一覧
  3. 久留米大学
医学部のある大学を探す

医学部のある大学を探す

久留米大学の公式サイト

久留米大学

公式サイトURL:
http://www.kurume-u.ac.jp/

久留米大学の合格実績がある医学部予備校

入試情報

学科:定員 医学部医学科:115
合格最低点
(ボーダー)
一般: 230/400点
※小論文50点を含まない
面接 面接形式: 個人
面接所要時間: 約10分
面接官人数: 2名
受験生人数: 1名
小論文 試験時間: 60分
文字数: 800字以内
入学者の内訳 男女別内訳: 男子74名 / 女子42名
現浪別内訳: 現役生11名 / 浪人・再受験生105名

教科別入試傾向

久留米大学の数学 試験時間は90分、ボーダーラインは8割程度。大問7題の出題形式で、設問数は20問程度となっている。頻出問題は数Ⅲの微積分だが、幅広い分野から出題されているため、苦手分野のないようにしておくこと。答えのみを記入する解答形式なので、ケアレスミスのないようにしっかり見直しを行いたい。
久留米大学の英語 読解・下線部の和訳・文法語法・語句整序・語彙・会話文の応用・正誤といった幅広い出題形式で、難易度はやや高め。苦手な出題形式がある場合は、試験までにしっかり克服しておきたい。特に正誤問題は頻出なので、過去問を数多くこなして慣れておくこと。
久留米大学の化学 無機・有機分野からの出題頻度が高いが、毎年出題分野が変更されており傾向は読みづらい。難易度は全体的に標準レベルだが、選択問題がなく、計算問題も答えだけを答える形式なので、計算ミスには気を付けること。また、答えを記述する問題もあるので、しっかり理解しておく必要がある。
久留米大学の生物 出題範囲は幅広く年度によって異なるが、遺伝分野の自由交配の問題は頻度が高い。図や実験結果を受けて考えられることを、100字程度の文章で説明させる問題も出題されている、過去問などで論述の練習をしておくこと。試験前には、生態系の分野や植物ホルモンなどもしっかり復習しておきたい。
久留米大学の物理 難易度は基本~標準程度だが、しっかり筋道をたてて考え、前後の関係を把握できないと完答は難しいだろう。大問3題の問題構成で、力学・電磁気が各1題、熱・気体または波動の分野からもう1題というのが平均的な出題傾向である。とくに電磁気の電磁誘導は頻出しているので、問題に慣れておくことが大切。

大学基本情報

大学名 久留米大学
住所 〒830-0011
福岡県久留米市旭町67
私立・国立・公立 私立
大学院 医学研究科(博士課程):35
医学研究科(修士課程):25
地図
本サイトで提供している事業者情報は、各事業者のWEBサイトを参考としております。
最新の情報を掲載するよう細心の注意を払っておりますが、
誤りや古い情報、事業者のWEBサイト更新による情報のくい違いが含まれている場合もございます。
情報に関しましては、各企業のWebサイト等にてご確認下さい。

久留米大学の解答速報を出している医学部予備校

医学部受験予備校 ウインダム

ウインダムは合格へ導いた多くの経験を活かし、医学部受験に特化したカリキュラムで医学部入試への意識を高めます。データに基づき、その時々の合格への可能性や… 続きを読む