ページトップへ

  1. 医学部予備校の評判・選び方 HOME
  2. 医学部のある大学一覧
  3. 岩手医科大学
医学部のある大学を探す

医学部のある大学を探す

岩手医科大学の公式サイト

岩手医科大学

公式サイトURL:
http://www.iwate-med.ac.jp/

岩手医科大学の合格実績がある医学部予備校

入試情報

学科:募集人員 医学部医学科:127
※2019年度
合格最低点
(ボーダー)
非公開
面接 面接形式: 個人
面接所要時間: 約15分
面接官人数: 2名
受験生人数: 1名
小論文 試験時間: 50分
文字数: 600字以内
入学者の内訳 男女別内訳: 男子81名 / 女子42名

教科別入試傾向

岩手医科大学の数学 試験時間は60分、大問が3題出題される。全問穴埋め形式で、難易度はさほど高くない。頻出されている分野は確率と微積分で、特に確率は5年連続で出題されている。

問題自体は難しくないが、問題数が多いので計算スピードと正確性が重要となる。基本事項をしっかり理解し、スピーディーに問題を解く練習をしておくこと。
岩手医科大学の英語 基本的な問題が多く難易度は高くないが、読解の空所補充は効率よく解けるように慣れておくことが大切。2017年には大問1・6ともに医療系の長文が出題されている。

2016年からは会話・発音等に関する問題も出題されている。全問マークシート式という形式は変わっていないため、過去問題を使って演習を行ておくといいだろう。
岩手医科大学の化学 2017年にマークシート式に変更となり、出題数も大幅に増加している。難易度はさほど高くなく、基本的な問題が中心なので、時間内に効率よく解いていくことが大切。各分野の問題演習を繰り返し、素早く解く練習をしておきたい。
岩手医科大学の生物 2017年度は例年に比べると難易度が高めだったが、標準的なレベル。大問が5問で、腎クリアランスを利用した計算問題や、ニワトリ胚の移植実験などに関する問題が出題された。

基本的な知識を確認しておくことはもちろん、問題文の中から糸口を見つけたり、見慣れないグラフを解釈できる力を身に付けておきたい。
岩手医科大学の物理 2017年からは全問マークシート形式に変更となり、出題される分野にも変化が見られた。これまでに出題されている分野はもちろん、これまで出題されていなかった分野も含めて全分野に亘り万遍なく対策しておくことが必要となるだろう。

難易度は基本~標準的なレベルなので、取りこぼしのないように落ち着いて臨むこと。

大学基本情報

大学名 岩手医科大学
住所 〒020-8505
岩手県盛岡市内丸19-1
私立・国立・公立 私立(旧設)
大学院 医学研究科(博士課程):50
医学研究科(修士課程):10
※2019年度
医師国家試験
合格率
76.8%(新卒:82.2%/既卒:45.0%)
学費・納付金 【初年度納付金(うち入学金)】
9,000,000円(2,000,000円)

【6年間総額】
34,000,000円

【別途費用】
寮費・諸会費
地図
本サイトで提供している事業者情報は、各事業者のWEBサイトを参考としております。
最新の情報を掲載するよう細心の注意を払っておりますが、
誤りや古い情報、事業者のWEBサイト更新による情報のくい違いが含まれている場合もございます。
情報に関しましては、各企業のWebサイト等にてご確認下さい。