ページトップへ

  1. 医学部予備校の評判・選び方 HOME
  2. 医学部のある大学一覧
  3. 聖マリアンナ医科大学
医学部のある大学を探す

医学部のある大学を探す

聖マリアンナ医科大学の公式サイト

聖マリアンナ医科大学

公式サイトURL:
http://www.marianna-u.ac.jp/

聖マリアンナ医科大学の合格実績がある医学部予備校

入試情報

学科:定員 医学部医学科:115
合格最低点
(ボーダー)
非公開
面接 面接形式: 個人
面接所要時間: 約15分
面接官人数: 3名
受験生人数: 1名
小論文 試験時間: 60分
形式:漢字書き取り、空所補充、語句説明、要約問題など
文字数: 350~400字以内
入学者の内訳 男女別内訳: 男子75名 / 女子40名
現浪別内訳: 現役生34名 / 浪人・再受験生81名
出身校: 県内15名 / 県外100名

教科別入試傾向

聖マリアンナ医科大学の数学 問題構成は大問4題構成で、時間は90分。ここ数年は年度によって出題分野が変わっており対策が立てにくいが、新課程も含む全ての分野において徹底的に基礎をマスターしておく必要がある。

大問1は難易度が高くないが、その他の大問は標準レベル。思考力を求められるため、国公立大学の問題なども利用して思考力を鍛えておきたい。
聖マリアンナ医科大学の英語 聖マリアンナの英語は記述問題が多く、例年英語の難易度は高い。文法問題は出題内容が頻繁に変更されるため、対策は立てづらいが、基礎をしっかり押さえておくこと。

長文は難易度高めの問題が出題されるので、慌てず読み飛ばさず、精読すること。英作文用に例文を300~350個程暗記していくのも、一つの対策方法となる。

まずは難しい英文に慣れたうえで、時間を意識して解くというように、段階的な対策を行うと良い。
聖マリアンナ医科大学の化学 以前は論述問題が多いというのが聖マリの特徴だったが、近年は計算問題の比率が高くなっている。難易度は標準レベルなので、問題集や過去問演習を行い。効率よく解けるようにしておくこと。

年度により出題される分野が変わるため、抜けがないように全分野の対策を行うことが大切。
聖マリアンナ医科大学の生物 難易度はやや高め。説明を求められる問題も多いため、生物用語をいかに正確に覚えているかが、どの問題を解くにも重要になる。しっかり問題文を読み、重要なポイントを見落とすことがないようにしたい。

論述問題は点数差が出やすいので、しっかり対策しておきたいところ。論述問題の攻略法としては、スマートかつコンパクトな表現を心がけること。先に述べた生物用語の正確な認知もそうだが、的確に表現する文章構成なども問われる。
聖マリアンナ医科大学の物理 難易度は標準レベル。幅広い分野から出題されるため、全ての分野において対策が必要。

空所補充問題では、普段おろそかにしがちな人物・法則名が出題されるなど、少しクセがある。私立医学部の典型問題の出題と、普段と解きなれない問題も出題されるなど幅広い内容を問われる。1問にかけられる時間が少ないので、常に時間を意識して解いていく必要がある。

大学基本情報

大学名 聖マリアンナ医科大学
住所 〒216-8511
神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
私立・国立・公立 私立
大学院 医学研究科(博士課程):60
地図
本サイトで提供している事業者情報は、各事業者のWEBサイトを参考としております。
最新の情報を掲載するよう細心の注意を払っておりますが、
誤りや古い情報、事業者のWEBサイト更新による情報のくい違いが含まれている場合もございます。
情報に関しましては、各企業のWebサイト等にてご確認下さい。

聖マリアンナ医科大学の入試攻略本・対策本を出している医学部予備校

医学部受験予備校 ウインダム

ウインダムは合格へ導いた多くの経験を活かし、医学部受験に特化したカリキュラムで医学部入試への意識を高めます。データに基づき、その時々の合格への可能性や… 続きを読む

私立医学部受験予備校メデュカパス

60年に及ぶ両国予備校の伝統を受け継ぐ全国で唯一の予備校。医学部受験のノウハウと現代的な教育を融合させた 医学部受験対策を行っています。